FC2ブログ

09月≪ 2008年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.05 (Sun)

嵐 - truth AND 嵐 - 風の向こうへ

嵐 - truth

作詩:HYDRANT
作曲:HYDRANT


ゆらりゆれる光ひとつ 痛み癒すことなく消える
“I take your life forever, you take my life forever”
ひらり落ちる涙ひとつ 思い屆くことなく消える
“I take your life forever, you take my life”
止まらない時に潛む (こぼれ落ちた涙のあと 凍えそうな涙の色)
愛はきっと降り注ぐ雨のように
戻れない記憶巡る (こぼれ落ちた涙のあと 凍えそうな涙の色)
全て奪われたこの世の果てに
悲しみ…
たとえどんな終わりを描いても 心は謎めいて
それはまるで闇のように 迫る真実
たとえどんな世界を描いても 明日は見えなくて
それはまるで百合のように 汚れを知らない
願いは透明なままで


白く染まる花にひとリ 何も変わることなく誓う
“I take your life forever, you take my life”
屆かない聲に殘る (こぼれ落ちた涙のあと 隠しきれぬふたつの顔)
愛はそっと吹きぬける風のように
終わらない夜に眠る (こぼれ落ちた涙のあと 隠しきれぬふたつの顔)
夢の傷跡に殘した痛み
悲しみ…
たとえ僅かな光生まれても 嘆きは繰り返す
それはまるで噓のように 消える真実
たとえ最後の羽を開いても 運命(さだめ)は変えられず
百合の花は儚げに 痛みは消えない
夢なら愛したままで


悲しみ…
たとえどんな終わりを描いても 心は謎めいて
それはまるで闇のように 迫る真実
たとえどんな世界を描いても 明日は見えなくて
それはまるで百合のように 汚れを知らない
願いは透明なままで






嵐 - 風の向こうへ

作詞:多田慎也・櫻井翔
作曲:Pippi Svensson・Anders Dannvik

雨の向こうへ 風の向こうへ…


雨の向こうへ 風の向こうへ…
涙流すのは 信じてるから
心のノートに 書いた言葉
描いた通りに いかない時
にじんだ空に 放った言葉
僕の後ろに出來てた道

雨の向こうへ 風の向こうへ 旅は続いていく
今 君の向こうへ そして僕の向こうへ
道は続いていく
どこかで振り返る その時が來て
君に話をする その朝が來て
いつでも精一杯 走って來たって
噓偽りなく 言えたらいいんだ
僕の目の前に広がる旅
雨の向こうで 風の向こうで 虹がかかっている
今 君の向こうで そして僕の向こうで 何かが待っている

どうか消えないで繋いだ燈よ
言葉を超え 心を鳴らす
今 風の向こうへ
旅は続いて この道は続いて

(RAP)信じてきたこの自分のために
夢重ねるみんなのために
感謝の言葉 for my family“I believe”
ただ力の限り
その焦りもいつかは糧に
この痛みも糧に
雨にも風にも負けずにあの痛みや焦り この日のために
あなたの分の想いも抱いて
階段のぼるよう 上向かって
辛くて 苦しくたって 耐えて
歓聲浴びる姿描いて…
光と影その向こうへ (行こう 向こうへ)
闇を照らす君の聲 (頂上の方へ 想いを掲げ)
雨の向こうへ 風の向こうへ 旅は続いていく
今 君の向こうへ そして僕の向こうへ 道は続いていく

雨の向こうへ 今 風の向こうへ
旅は続いて この道は続いて

光と影その向こうへ 闇を照らす君の聲

雨の向こうへ 今 風の向こうへ
旅は続いて この道は続いて
雨の向こうへ 今 風の向こうへ
旅は続いて 今は向こうへ!


スポンサーサイト
Edit  |  22:25  |  歌詞  |  CM(0)  |  Top↑

2008.10.01 (Wed)

キセキ

キセキ
歌:GReeeeN
作詞:GReeeeN
作曲:GReeeeN

明日、今日よりも好きになれる
溢れる想いが止まらない
今もこんなに好きでいるのに
言葉に出來ない

君のくれた日々が積み重なり
過ぎ去った日々2人歩いた『軌跡』
僕らの出逢いがもし偶然ならば?
運命ならば?
君に巡り合えた
それって『奇跡』

2人寄り添って歩いて
永久の愛を形にして
いつまでも君ので
笑っていたくて
アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど
せめて言わせて 「幸せです」と

いつも君の右の手の平を
ただ僕の左の手の平が
そっと包んでくそれだけで
ただ愛を感じていた

日々の中で 小さな幸せ 見つけ重ね
ゆっくり歩いた『軌跡』
僕らの出會いは大きな世界で
小さな出來事巡り合えた
それって『奇跡』

うまく行かない日だって
2人で居れば晴れだって!
強がりや寂しさも
忘れられるから
僕は君でなら 僕で居れるから!
だからいつも そばにいてよ
『愛しい君へ』

2人フザけあった帰り道
それも大切な僕らの日々
「想いよ屆け!!!」と伝えた時に
初めて見せた表情の君
少し間が空いて 君がうなずいて
僕らの心 満たされてく愛で
ぼくらまだ旅の途中で またこれから先も
何十年続いていけるような未來へ

例えばほら 明日を見失いそうに 僕らなったとしても、、、

2人寄り添って歩いて 永久の愛を形にして
いつまでも君ので 笑っていたくて
アリガトウや Ah 愛してるじゃまだ足りないけど
せめて言わせて 「幸せです」と

うまく行かない日だって 2人で居れば晴れだって!
喜びや悲しみも 全て分け合える
君がいるから 生きていけるから!
だからいつも そばにいてよ
『愛しい君へ』
最後の一秒まで

明日、今日より笑顔になれる 君がいるだけで そう思えるから
何十年 何百年 何千年 時を超えよう 君を愛してる

おわり


Edit  |  22:22  |  未分類  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。